このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

03-5645-2021

9:00~18:00(土日祝除く)

文字サイズ
English

会社概要

会社概要

会社名 日本合成化工株式会社
資本金 8,600万円
創立 1952(S.27)年5月27日(創業1930年)
本社所在地 〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町14番1号 住友生命日本橋大伝馬町ビル7階
TEL:03-5645-2021
FAX:03-5644-1808
千葉工場 〒298-0124 千葉県いすみ市弥正1077番地
TEL:0470-86-3111
FAX:0470-86-3114
海外拠点 Nihon Gosei Kako (Thailand) Co., Ltd.
Room No.702, 7Th Fl., Kasemkij Building, 120 Silom Road, Suriyawongse,
Bangrak, Bangkok 10500, Thailand
TEL:+66-2-632-8871
FAX:+66-2-632-8872
従業員 120名
年商 40億円
事業内容 合成樹脂及びこれを原料とする各種成形材料、接着剤その他これらに関連する製品の製造販売。
役員 代表取締役社長 吉田智徳
常務  取締役 長谷川賢一
取  締  役 内藤保男
取  締  役 高橋隆雄
取  締  役 高橋一樹
監  査  役 中澤延男

日本合成化工の技術

日本合成化工株式会社は、熱硬化性樹脂分野において、お客様の多様なニーズにキメ細かく対応できる製品を創り出す技術を誇りとし、絶え間なく研究開発を行うべく努めています。
当社は経営戦略に密着した研究開発をめざしています。
すなわち、熱硬化性液状配合樹脂および高機能の熱硬化性樹脂成形材料をコア事業とし、市場ニーズの徹底追求を図るとともに、先取りしたシーズへの基盤となる新技術の研究開発に努めています。

コア事業の技術的特徴

熱硬化性樹脂のコンパウンドをコア事業とし、液状配合樹脂及びプラスチック成形材料のフォーミュレーション及び製造加工の分野でニッチトップの技術力を有する。

主な技術的特長

配合技術 エレクトロニクス向けの高機能材料、高強度の構造用接着剤、建築土木用接着剤など、多様なニーズに対応する配合ノウハウを確立
製造技術 大規模、大容量の混合漕、成形材料製造ラインを所有し、様々な性質・性状の加工、また各種の特殊混合装置による多品種少量生産体制を確立
支援サービス 加工、注型、成形方法等の技術サポート

沿革

1930年3月 東京・板橋に光成化学研究所を創設、フェノール樹脂製造開始
1944年 政府の戦時企業整備令により帝国ライト製作所、パーマライト(株)を吸収合併し、日本合成樹脂工業(株)に組織変更
1952年5月 旧パーマライト(株)を分離し、日本合成化工(株)と改称、現在に至る
1956年6月 エポキシ樹脂成形材料製造開始
1960年7月 エポキシ液状配合樹脂製造開始
1962年4月 千葉県夷隅町(現いすみ市)に千葉工場建設
1969年5月 ウレタン液状配合樹脂製造開始
1971年3月 板橋工場を千葉工場に統合
1971年6月 本社を五反田に移転
1981年7月 作田工場用地取得
1997年11月 本社を日本橋久松町に移転
2001年8月 ISO9002取得
2003年9月 ISO9001取得
2004年10月 ウレタン工場設備新設
2006年10月 開発棟新設
2009年8月 ISO9001 2008年度版へ移行
2012年2月 本社を現在地に移転
2012年2月 ISO14001取得
2013年8月 タイバンコクにNIHON GOSEI KAKO(THAILAND) CO., LTD を設立
2017年2月 ISO9001・ISO14001 2015年度版へ移行

TOP