このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

03-5645-2021

9:00~18:00(土日祝除く)

文字サイズ
English 中文

ER-3681

用途

高耐熱用基板封止
優れた線膨張係数、線収縮率を持ち、高温下での使用を想定して設計されています。
特にヒートサイクル性に優れ、冷熱環境下での製品の破壊を防ぎます。

 

特徴

放熱性
熱伝導率に優れ、基板温度が上昇した場合も速やかに排熱可能です。

ヒートサイクル性
銅に非常に近い線膨張係数を持つため、銅素材を用いた製品の封止に優れます。

難燃性
UL-94 V-0レベルです。

 

樹脂系

エポキシ

 

加工法

ポッティング 2液加熱硬化

 

性能表

品名 ER-3681
混合比(wt) 100:100
推奨硬化条件 100℃×1h+150℃×3h
混合液粘度(mPa・s,25℃) 22000
比重 1.95
Tg(℃) 160
線膨張係数(ppm) 16
線収縮率(%) 0.04

※上記の値は代表値であり、保証値ではありません。

TOP